KITAKAMI NEWS

【市民ライター投稿記事】晩秋の水沢鉱山をたずねて 北上ヒストリーツアーその2

2023年12月15日

市民ライター 三宅 優子

 

 

こんにちは、市民ライターの三宅優子です。

 

 

今年の夏、私はついに、ずっと行きたいと思っていた水沢鉱山跡を訪ねることができました。青々とした新緑の中に残る青みがかった煉瓦の美しさ、人工物を飲み込む緑の勢いに圧倒されたとても充実した山行でした。そのときの様子を紹介した記事もありますので、水沢鉱山って?という方はぜひそちらもあわせてご覧いただけるとうれしいです。

 

 

【市民ライター投稿記事】山間に眠る鉱山跡をたずねて 北上ヒストリーツアー(内部リンク)

 

 

今回は、紅葉も終わりにさしかかった晩秋の水沢鉱山を、さらにディープなところまで歩いてきましたのでその様子をご報告します。そして、この水沢鉱山ツアーを企画している「北上巣箱」の深津咲奈さんに、起業する前の地域おこし協力隊員であった時代のこと、卒業してからの思いなどのお話を聞いてきました。そちらも合わせてご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

11月12日、当日のお天気はくもり。お昼ごろからはあいにくの雨予報です。

 

 

鉱山探検のスタート地点である製錬所跡まで乗用車で移動します。

 

 

 

 

前回もその美しさに感動した製錬所跡のカラミ煉瓦。夏は生い茂る緑と、カラミ煉瓦の青みがかった色の調和がとても素敵でしたが、今回は冬を目前にして落葉した植物とのコントラストが効いていました。この季節は、夏には植物に覆われて見えなかったところも見えるようになっていて、操業時の規模の大きさをイメージしやすいのかもしれません。

 

 

製錬所跡から斜面を登っていきます。夏と違って藪漕ぎは必要ありませんが、落ち葉と昨日の雨ですこし足元は不安定です。夏に見学したのとはまた別の煙道が。全盛期、いったい何本の煙道が現役だったんでしょうか。

 

 

 

 

 

暗くて吸い込まれそう。

 

 

製錬所、煙道見学のあとは、沢歩きに挑戦しました。

 

 

 

 

 

沢に降りてすぐ、火薬庫の跡がありました。他の建物とおなじくカラミ煉瓦製。煙道のときにも思いましたが、ひとつひとつがものすごく重いカラミ煉瓦、きっと運んでくるのだって大変だったはず。当時の苦労が偲ばれます。

 

 

 

 

沢を降りていくと、途中にカラミ煉瓦を用いた構造物。これって小さな砂防ダムなんじゃないかと思っていますが、どうなんでしょうか?ご存知の方がいたらぜひ教えてください。

 

 

ついに降ってきてしまった小雨の中、沢を下っていくと、製錬所跡と山神社を結ぶ林道に突き当たります。

 

 

 

 

山神社さんにご挨拶。今日も無事に探検することができました、ありがとうございます、の感謝を伝えます。

 

 

本日の水沢鉱山探検はこれで終了!草木の勢いがなくなった秋にしか見られない景色をみることができました。

 

 

 

 

鉱山探検のあとは、山神社の管理をされている甲谷要作さんのお宅にお邪魔して、里宮にお参りさせていただきました。

 

 

 

 

帰りは岩沢駅から運転しないといけなかったので、御神酒は香りだけいただきました。

 

こうして新しく地元の方と出会うきっかけにもなって、前回を上回る充実したツアーとなりました!このツアーの企画をしている北上巣箱の深津さんは、私と同じ静岡県出身。地域おこし協力隊就任をきっかけに北上市に移住して6年目の深津さんに、北上に来たきっかけや来てからのこと、協力隊卒業後のお話などを聞いてみました。

 

 

Q . 北上に来る前はどんなお仕事をしてましたか?

 

A . 東京で人材会社の営業をしてました。1年目から少し違う感じがしていて、お金はあっても満足感がなくて・・・楽しくないっていうか。やりがいの方を大切にしたい、好きなことを仕事にしたいなと思ってました。

 

Q. そんなときに北上市の地域おこし協力隊募集と出会ったんですか?

 

A.  はい。北上市のスポーツとアウトドアで北上のファンを増やすというミッションに魅力を感じてして応募しました。

 

 

Q.  北上で面白かったこと、よかったことはありますか?

 

A . 東京にいた頃は基本外食だったけど、こっちに来てからは産直とかで野菜を買って自分で作るようになりました。手の込んだ料理は作らないけど、切って焼いて醤油、みたいなシンプルな料理なのに野菜がめちゃめちゃ美味しくて、しかも安い。とても驚きました。お裾分けとかも地域の方にいただいて、とてもありがたかったです。映画館もスタバもあるのに、山までも15分。娯楽もあって、自然もあって、とても素敵だと思います。

 

Q . 北上巣箱っていう屋号はどうやって決めたんですか?

 

A . 活動の根底にあるのが、北上の自然とか人に触れて、癒されてほしいという想いです。屋号は色々候補が出ましたが、帰ってくる場や拠り所になりたいと思ったときに、シェルターか巣箱がいいなと思いました。周りの人からは巣箱のほうが「私っぽい」「似合うよ」と言われました。でも巣箱だけだとなにかが足りない気がして、私にとっての北上が巣箱だったから北上と組み合わせて「北上巣箱」にしました。羽を休めて飛び立つ準備をする場や時間をお届けするというのがコンセプトです。

 

 

 

 

言葉通り北上でご自身も羽を休めて、のびのびと羽ばたいている深津さん。

 

 

北上を知らない方には知ってもらうきっかけに、北上のことはもうよーく知っているよという方にはいつも見ている北上を違う視点からじっくり味わえるツアーを催行されている北上巣箱さん。ちょっとだけ体力は必要ですが、気になる方は是非ツアーに参加してみてください!